上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
とめぞうさま作 1/144 ガンダムエピオン

とにかくこの機体ほどどうやって作られたのか、その経緯が不明でポッと出の悪役ヅラガンダムもありません。もちろん登場時にはヒイロが乗ったりしてゼクスのゼロと対峙したりしてたりするんですが、その後は仲良く交換してまた最期にバトルという(-_-;) 正直この辺の話はよく覚えてないので(割と最近見てるんだけどな)割愛させていただきますが、ヒートロッドはあるわ、色はサソリみたいな気持ち悪いわ、ガンダムとは名ばかりの、まさに顔だけがガンダムなこれまた可哀想な機体です。

1/144 ガンダムエピオン 1/144 ガンダムエピオン 1/144 ガンダムエピオン

とにかく変形機構を含んだ機体ってのは、ドー考えても無茶な構造になっちゃうわけで、このキットも例に漏れずアレな変形機構を組み込まれた悲劇のキット。(そもそもなんだあのMAの形??)

しかしなぜだかMG化されてそこそこかっこよくなっちゃって登場してるわけなんですけど、これまたリファイン(-""-;)また1/144はスルーかよと・・・。

今回なんと変形機構を生かしての細部改修(関節部のスプリング置き換えや、ポリキャップカバーの作成、ヒートロッドの全分割とリード線での接続加工などなど・・・( ̄Д ̄;)を中心にしていただいたエピオン、実にそのしんどさが伝わってくる工作です^^; 小さいサイズの中にあれこれとディティールが詰まっているので、もうアレですよ、変形なんぞこれまたオッソロしてくて当然させられまつぇん(°д°;)

1/144 ガンダムエピオン 1/144 ガンダムエピオン
1/144 ガンダムエピオン epion-007.jpg

実際、小さいキットのために変形機構自体は無くてもいいんじゃ・・?と思えるわけですけど、ソコはちゃんと残していただいたとのこと^^; 難しい色合いというか、何でこんな色なの?と思うような小豆色の機体を、禍々しい特徴を表現したダークな雰囲気を上手く捉えつつ、適度な汚しを加えて完成させていただいております^^

というか、動かすことでふんどしや装甲を止めてあるスプリングがスポッと取れそうになるので、撮影自体、常に恐怖感との戦いだったことが率直な思い(-_-;) 

実際お尻の装甲は何度も落ちて(断っておきますが差込み取り外し式なのよ)そのたびに付け直してはまた撮り直すという作業を延々と繰り返しましたorz とにかく変形システムのせいで大して動かないんですよこのキット^^;

ただコイツに関してはポーズ固定だと躍動感が出ないかな・・とも感じます。そういう意味ではこの難しいキットを、特徴的なカラーとスタイルで上手くまとめていただきました^^最期は永遠のライバル機、ゼロとのツーショットで〆させていただきます♪
スポンサーサイト

2011.10.18 
とうとう10月になってしまいました。いよいよ完成期待の大半が集合しましたので、今週より毎日更新&完成キット単独紹介と参ります。

ですが、まだ素組み&箱絵がUPされていない機体もあります。画像をいただけてない分は、後日入れ違いにリリースとなるかも知れませんが、平にご容赦下さいm(_ _)m

引き続き悲劇なのかどうなのかの機体がコチラ、TV版では後半大活躍だった1/144 『ガンダムエピオン』。

ものすごく悪そうな色に悪そうなデザイン、極めつけは意味不明なカタチのMA形態ととらえどころのない設定の機体でしたけど、1/100にもキット化されて、更にMGまで。(でもヤッパリリファインされて)

キットはその堂々とした悪玉ヅラが印象的、各部の形状も非常に力強くて悪そのものの印象です。

1/144 ガンダムエピオンボックスアート 1/144 ガンダムエピオン素組み

キット自体はさほど悪さを感じませんが、逆に多くの評価があるというわけでもないのもまた悲劇・・。

MGのリファイン版とTV版では現物かなり違うようですが、どこにも登場していないリファイン版MGが大手を振ってるところへ『オイラが本家なんですけど・・・』と大きな声で言ったところで今や振り向いてももらえない旧キット扱いorz 悪そうなツラがより悲劇的です。

2011.10.03 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。